女性

あなたの頭痛の原因は?【ストレスや血液循環の悪化など】

なぜ頭が痛むのでしょう

カウンセリング

痛みは病気により様々です

頭痛には、単に頭が痛むだけのものもあれば、何か他に原因があって痛むものもあります。前者の代表には偏頭痛や緊張型頭痛があります。このうち偏頭痛は、血管の収縮が原因で起こるもので、頭の片側がずきずきと脈打つような痛み方をし、光や音に対してかなり敏感になります。一方緊張型頭痛の方は、首から肩にかけての凝りなどが原因であることが多く、頭全体が締め付けられるように痛みます。他に原因としては、脳疾患や頭部外傷などが考えられます。また一口に脳疾患といっても、かなり痛み方や症状は異なっていて、たとえばくも膜下出血の場合は、突然激しい頭痛がして、嘔吐やけいれん、場合によっては意識障害を伴うことがあります。また脳出血の場合は、徐々に痛みが強くなり、吐き気や嘔吐、しびれがあったり、ろれつが回らなくなったりします。それから脳腫瘍の場合は起床時に激しい頭痛があり、嘔吐や視覚障害、めまいや耳鳴りを伴います。その他には、後頭部の痛みと発熱、嘔吐がある時は髄膜炎が疑われます。また頭部を怪我した後に、うなじから後頭部にかけて急に痛みが走る場合は、脳動脈解離の可能性もあります。この脳脈解離はかなり危険ですので、痛みを覚えたらすぐ病院に行くようにしましょう。

まずは病院に行きましょう

ただし、頭痛がするから病院に行くといっても、何の病気であるかわからないので、どの診療科に行くべきか迷ってしまうこともあります。一般には内科、または脳神経関連の診療科がお勧めですが、いわゆる頭痛外来を受診するのもお勧めです。これはその名の通り、頭痛で悩む人専門で、問診やCTスキャン、あるいはMRIなどで検査をした後、どの病気であるかが診断され、その病気を診る診療科や病院を紹介してくれます。特に激しい痛みがあり、けいれんや意識障害を起こすくも膜下出血の場合などは、急を要しますので、救急車を呼んで総合病院で治療を受けるようにしてください。また自分で病院に行ける場合は、どのような痛みがいつから続いているか、他にどのような症状があるかをメモして持って行くといいでしょう。それから、頭痛がするからといって毎日のように頭痛薬を飲むのは避けるようにしましょう。月に10日以上飲んでいると、脳が痛みに敏感になり、そのぶん薬を飲む回数が増えるようになって、薬を飲んでいるのに痛みが治まらないという悪循環に陥ってしまいます。これを薬物乱用頭痛といいます。市販薬を飲んでこのような状態になっている場合も、早めに医師に相談して、その指示を仰ぐようにしましょう。

Copyright© 2016 あなたの頭痛の原因は?【ストレスや血液循環の悪化など】 All Rights Reserved.