頭痛の原因はここにあったメカニズムを知って的確な治療を

あなたの頭痛の原因は?【ストレスや血液循環の悪化など】

なぜ頭が痛むのでしょう

カウンセリング

頭痛には様々な原因があり、単に痛むのと、他に病気があって痛むのとでは対処方法も違って来ます。まず頭痛外来に行って、何が原因なのかを診断してもらうのがお勧めです。また、急な痛みや意識障害がある時は救急車を呼びましょう。それから市販薬で治そうとしていると、かえってひどくなることがありますので要注意です。

詳しく見る

頭が痛い時の症状や対策

女性

頭が痛い時の症状で判断

頭痛が起きてしまうと、痛みが酷い場合には生活に支障がでてしまうこともあり、悩みの種です。頭痛にも症状によっていくつかに分けられ、原因にも違いがあります。緊張型頭痛の原因としては、疲労やストレスが溜まってしまった場合や、普段の生活で不自然な姿勢や、長時間同じ姿勢を保ったりすることにあります。これにより筋肉がこり固まってしまい、血液の流れを圧迫、また、血液の循環が悪化してしまうことで起きるといわれています。症状としては、後頭部周辺から首筋にかけて、痛みが出てしまったり、頭全体を締め付けられたような痛みがでる場合もあります。また、首や肩のコリを伴うのも特徴の一つといえるでしょう。偏頭痛が起きる原因は、頭にある血管が拡張することで痛みがでるといわれています。人それぞれ月に1回から2回の場合もあれば、週に1回から2回の場合もあり、持続時間も数時間から数日続くこともあります。心臓の鼓動に合わせてズキズキとした痛みが頭に走ります。痛みが出るのは頭の片側だけの場合もあれば、頭の両側が痛むこともあります。痛みが出る前兆として、食欲がわかなかったり、視界がちらついたり、吐き気などがでることもあります。また、通常よりも音や光に敏感になる傾向があるともいわれています。

頭が痛い時の対処法

頭痛の症状から原因を把握したら、対処して改善していくことが大切です。緊張型頭痛の場合には、血液の流れをよくする必要があります。そのため首や肩のこりをできるだけ解消していくことで、痛みの軽減をはかりましょう。また、ストレスや疲労も生活習慣を見直して改善していきましょう。首や肩のこりは、定期的にマッサージやストレッチを行い、筋肉の緊張をほぐしていき、また血液の循環を促進していきましょう。お風呂に入り全身を温めることで血液の流れを良くする効果や、リラックス効果もあるのでストレスや疲労回復にもつながるでしょう。お風呂上がりにマッサージをすると効果が向上されるといわれています。偏頭痛の対処法としては、音や光に敏感になってしまうため、できるだけ静かな暗めの部屋でゆっくり休むようにするといいでしょう。また、血管の拡張を抑えるために、コーヒーなどのカフェイン入りの飲料を少し飲むことで、痛みの軽減につながります。痛みがある場合には、あまり無理して活動せずに、安静にしていることが一番重要です。少し横になり、痛みが和らぐまで休むといいでしょう。痛みが酷い、または長時間に渡り痛みが治まらない場合には、医療機関で診察を受け、医師による治療をしてもらいましょう。また、最近では精神的な不調により頭痛が引き起こされることもわかっています。この場合いくら体調改善を行っても、症状の大幅な改善には繋がりません。暖簾に腕押しの自己治療を続けて時間をムダにしないためにも、まずは医療機関で診察をうけてみることが大切です。

頭の痛みは専門の外来へ

レディ

頭痛の原因は精神的なものから肉体的なものまでいろいろあるので、患者自身は軽視しやすく病院では問題ないといわれるだけのことが多いようです。しかし頭の痛みは不快なものなので、専門的に診断や治療を行ってくれる頭痛外来に行くことをオススメします。

詳しく見る

痛みを観察すること

頭を抑える男性

何か特別な原因となる疾病がないのに、ふだんからたびたび頭痛が起きるケースがあります。これらは一次性頭痛と呼ばれます。日常生活で対策をたてることもできますが、一度専門医を受診することをお勧めします。それによって具体的な対策もたてやすくなります。

詳しく見る

身近な疾患の種類と対処法

レディ

頭痛はとても身近な疾患であり、血管の拡張が原因でズキズキと痛む偏頭痛や、ストレスや長時間のデスクワークなどが原因となって起こる緊張型のものなど、原因や種類は様々あります。自分の症状を深く知り、適切な対処法、予防法をとることが重要です。

詳しく見る

Copyright© 2016 あなたの頭痛の原因は?【ストレスや血液循環の悪化など】 All Rights Reserved.